ちゃんと覚えておけよ?

忘れちゃいけない事のメモ、覚え書き

VALUESERVERでphpmyadminからインポートしようとしたら容量が大きすぎてタイムアウトした場合のSSH経由での手動インポート方法

前回のサクラサーバのインポートの時と同じようにSSH接続するのに使うクライアントソフトは「Poderosa」

■準備すること

・SSH経由で接続するクライアントソフトのインストール

・VALUEサーバのコンパネにログインして、「ホスト情報登録」からSSH許可を設定をする。
(反映には5分ほどかかる。)

・バリューサーバでインポート先のデータベースを作成。

・これからインポートするDBのsqlファイルなりをFTP経由で/(ルート)に設置。
(Public_htmlが置かれた階層)

Poderosa を開いて「新規接続」

ホストに自分が契約しているホスト名をいれる。
例> b1.valueserver.jp
プロトコルは「SSH2 」 ポートは「SSH(22)」のまま

「アカウント」にサーバ契約する時に決めたアカウント名(ログインID)を入れる。

認証方法は「パスワード」のまま

パスフレーズにサーバー契約時にVALUEサーバから送られてきたパスワードを入力

OKを押して接続!

-bash-4.1$と表示されれば接続成功。

以下を自分の環境に合わせコマンドを実行する。

mysql  -u [DBユーザ名] -p[DBパスワード] -h localhost [VALUEサーバに作っておいたインポート先のDB名] < [FTPでUPしたDB名(database.sqlみたいな)]

・ポイントは「-p」の後は半角スペースを入れない。

・VALUEサーバの場合はデータベースサーバが同じ環境下にあるため、-h localhostになるが、サクラサーバの場合は別でデータベースサーバがあるので、接続するデータベースホスト名を入れる。

適当な例がこちら

mysql -u hoge_hoge -phogepass123 -h localhost hoge_hoge < hoge_db.sql

これでエラーも無く次の行に$が表示されたらインポート完了

インポートする容量によって時間が変わるのでコーヒータイム

終わったら、VALUEサーバのphpmyadminにログインして、データベースが入ってるか確認する。

終わり!

 

 

Comment

*